暮らしを整える100のヒント

山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香のお片づけコラム

山形にて「実感!減らしてスッキリ・自宅セミナー」開始します

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

ブログはお引越ししましたが、今回は自宅セミナー開始のお知らせです。

▼引越し先のブログはこちら

simple55.com

6月20日(木)自宅セミナー開始します!

f:id:yukaricca:20190616215148j:plain

山形県寒河江市の自宅にて「モノを減らしてスッキリ暮らす」をテーマにした、自宅セミナーを開始することになりました。

整理収納アドバイザーの自宅収納をご覧いただきながら、減らす方法やメリットについてお伝えしていきます。

自宅セミナー詳細はこちらのページをご覧ください。

simple55.com

 

f:id:yukaricca:20190616215153j:plain

遠方のお客さまのために、開始時間の繰り下げや、おひとり様より貸切の対応もさせていただきます。

 

皆さまのお越しを、心よりお待ちしています。

お知らせ*ブログをお引越しします

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

これまで整理収納に関するブログは2つ運営してきました。

●「片づけマニア」
 お片づけサービスや実績をご紹介するサイト

●「暮らしを整える100のヒント」
 整理収納に関するコラムブログ(このブログ)

この2つのブログを統合することにしました。

▼新しいブログはこちら▼

simple55.com

自宅セミナー始めます!

f:id:yukaricca:20190528120234j:plain

2019年6月から、自宅セミナー開催を予定しています。
そのためブログも、より分かりやすく読みやすく、充実した内容にしていきたいと考え、2つのブログを統合することにしました。

当ブログがタイトルに「100のヒント」と銘打っているにも関わらず、志半ばで(笑)撤退することになってしまい心残りではありますが、続きは「新・片づけマニア」内の「暮らしのヒント」をお読みいただければ嬉しいです。

また、当ブログの過去記事も、引越し先でリライトしていく予定です。

 

はてなブログのPRO(有料版)も解約したため、契約が切れる今年いっぱいでブログは閉鎖の予定です(無料版で残すかもしれませんが…)。

 

これからも「暮らしのヒント」を、どうぞよろしくお願いします。

 

65*クローゼットのハンガーを統一するメリット・デメリット

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

皆さんはクローゼットのハンガー、何を使っていますか?
クリーニング店でもらったのもですか。
服を買ったときについてきたものですか。
購入したものですか。

ハンガーを統一するメリットは様々あります。
そしてデメリットもあります。

今回は「ハンガー」について考えてみたいと思います。

ハンガーを統一するメリット

f:id:yukaricca:20190504131446j:plain

見た目がキレイ

一番最初に実感するのは「統一したハンガーに服をかけると、見た目がキレイ」ということだと思います。

ハンガーの色や形は思いのほか種類が多く、ありあわせのものに掛けていると乱雑な印象です。

ただ落とし穴もあり、服はその種類によってハンガーを変えた方がよいです。

例えばTシャツなら針金ハンガーでOKですが、ジャケットをかけると型崩れしてしまいます。

繊細なブラウスは通常の針金ハンガーだと肩の部分が飛び出してしまうので、マワハンガーのように肩のラインがなだらかなものがいいですね。

そしてスカートはスカート用ハンガーが必要ですし、パンツもパンツ専用だと使いやすいです。

つまり、服のことを考えると「すべてのハンガーを統一」というのは、かなり難しいのです。

服の枚数を決められる

服を必要以上に持たないために、ハンガーの数を決めている人もいます。
例えばシャツは3枚しか持たないと決めたら、ハンガーも3本用意します。

新しく1枚買ったらハンガーが1本足りなくなるので、1枚処分します。
そうすれば、服の数は一定を保てますね。

ただここにも落とし穴があります。

シャツを1枚買い換えようとお店に行ったけど、シャツよりカットソーが気に入った。
シャツは1枚処分したが、新しく買ったカットソーは畳んで引き出しへ。
そうするとハンガーが1本あまります。

ハンガーが余っているということはシャツを1枚買ってもいいということになり、ここで服が1枚増えてしまうことに。

あまりハンガーの本数や服の定数にこだわらず、ざっくり「トップス〇枚・ボトムス〇枚」程度に管理した方がストレスがなさそうです。性格にもよりますが。

わたしが考える「一番のメリット」

f:id:yukaricca:20190504131449j:plain

上記2つは、ハンガーを統一するメリットとしてよく言われるものですが、わたしが考えるメリットはちょっと違います。
わたしはこのメリットのために、購入したハンガーを使っているともいえます。

それは「その服は、購入したハンガーにかける価値があるものなのか?」と考えるきっかけになる、ということです。

例えば、例えばですよ、1本500円のハンガーを買うとします。

そこに手持ちの服をかけるわけですが、その服をクローゼットにしまうためには「500円のコスト」がかかるわけです。

その服は、500円をかけても所持する価値があるでしょうか。

500円のハンガーにかけて、しまいっぱなしではもったいないです。
それならいっそ処分してしまおうか。
いや例え着なくても、思い出の服だからハンガーにかけてとっておきたい。そう思えれば500円かければいいのです。

「いるか・いらないか」
これを決めるのはとても難しいです。

そこでハンガーが、それを決める手助けになるのではないでしょうか。

実際には500円のハンガーは買いませんが、例え3本100円のハンガーであっても「保管するにはコストがかかる」と意識できれば、ハンガーを統一する価値はあると思うのです。

ハンガーを統一するデメリット

ハンガーは買わずとも、家にたくさん余っているアイテムです。
それをわざわざ購入するというのは、ハッキリ言ってお金のムダでしょう。

ハンガーを統一するメリットはたくさんありますが、統一しなくても服は管理できます。

ハンガーを購入しないのであれば、できるだけ形をそろえ、服に合ったハンガーを選びましょう。
それだけでも十分、クローゼットをキレイに整えることは可能です。

洋服管理は、ご自身に一番合っている方法を選びましょう。

64*浪費が浪費を呼ぶ「負の連鎖」

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

モノを減らすのは整理収納において大切ですが、モノを「増やさない」ことも大切です。

本当に必要なものならもちろんOKですが、衝動買いや思いつきで買ったものは十分に活かされず「ただ持っているだけ」になりがち。

今回は「浪費」について考えてみました。

その「思いつき」が命取り

f:id:yukaricca:20190425154514j:plain

一目惚れした服を買ってみたら、それに合わせる服がなかった。
結構あるあるじゃないですか。

一目惚れのステキなスカートに合わせて、ブラウスも買った。
すると、合わせる靴がなくて、靴も買った。
すると、合わせるバッグもなくて・・・(以下略)。

最後には、いつも合わせるブラウスが同じなので、別なブラウスも。
ブラウスに合わせてスカートも。

そうやって、モノがどんどん増えていきます。

ファッションの路線を変えたくて、総入れ替えするのなら、それもいいでしょう。
しかしちょっとした「思いつき」でいつもとテイストの違うものを選んでしまうと、命取りです。

バリエーションが欲しくなる

これはわたしの失敗談。

あるときネットで、ステキなルビーのリングを見ました。
とってもとってもステキでしたが「0」がひとつ多い。泣

しかしそのルビーの色が忘れられなくて、お手頃なペンダントを買いました。
これは満足です!
ここからが問題。

ペンダントを検索していたときに「パライバトルマリン」という石を知りました。
ナニコレ?世界三大希少石なんだー知らなかった。

そしてなぜかパライバトルマリンが欲しくなって買ってしまいます。
ナニナニ?世界三大希少石にはパパラチアサファイアというものがあって・・・(以下略)。

こうなると欲望の無限ループ。
最初のペンダントで満足しておくか、それ以前にペンダントだって、本当に必要なモノではなかったはずです。

ひとつモノを買うことによって、他のバリエーションも欲しくなってしまう失敗例でした。

モノを買うときは本気で選ぶ

このような浪費を防ぐには、モノに真剣に向き合うことです。

本当に必要で、本当に好きで、本当に欲しいモノ。
それを選べば購入時の満足感がありますし、買い物はそこで終了します。

次々と買い続けてしまうのは、買ったモノに心から満足していない証拠。

そして厄介なことに、買い物を続けていると「買いグセ」がついてしまうのです。
いろいろなモノが欲しくなって、どうしても必要な気がしてきて、買ってしまいます。

モノを買うときは本気で選ぶ。
これを忘れないようにしましょう。…と、自分に言い聞かせる春なのでした。笑

子育て情報誌【マーメイド】に掲載されました

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

子育て情報誌「マーメイド」といえば、山形県村山地方のママ世代なら、必ず一度は手にとったことがあると思います。
わが家でも子どもが幼稚園の頃は、園で配布されていて愛読していました。

そんな身近なマーメイドの4月号に山形 お片づけfacilのメンバーが掲載されましたので、ご報告します♪

新入学・進級前のこの時期に!「子どもまわりの整理術」

f:id:yukaricca:20190323125345j:plain

春休みに入り、子どもたちは園や学校からたくさんの持ち物を持ち帰ったと思います。
不要品は処分し、継続使用のものは状態をチェックしたり洗濯をしたりと、何かと忙しい時期ですね。

今回掲載していただいた「マーメイド4月号」の特集・やまがたの整理収納アドバイザーさんに聞く「子どもまわりの収納術」では、毎日の生活がラクになる収納術について、アドバイザー4人の実例紹介やQ&Aが掲載されています。

f:id:yukaricca:20190323125349j:plain

タイプ別に分かれているので、ご自身の性格や生活スタイルに合った方法を取り入れられますよ。

マーメイドはネットでも読めます

近くにマーメイドを置いていないという方も、マーメイドサイトのバックナンバーからご覧いただけます。

新入学・進級前のこの時期に、ぜひご活用ください。

63*「あと〇〇〇円で送料無料!」の末路

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

ネット通販でモノを買うとき、送料無料だと嬉しいですよね。「あと〇〇〇円で送料無料!」と書かれていると、ついその金額以上のモノを追加で購入してしまうことも。

結果、送料は無料になります。
しかしそれは、さまざまなモノ・コトと引き換えに手に入れた「送料無料」なのです。

結果的に決して「お得」とはいえない「送料無料」の罠から、抜け出しましょう!

「送料無料」のために手に入れたモノの末路

f:id:yukaricca:20190321112132j:plain

写真のティッシュカバーは、子供のレッスンバッグを買ったときに「送料無料」のために追加購入したものです。

「あと〇〇〇円で送料無料」の金額に近くて、あったらあったでそれなりに使えて、そんなにお気に入りでなくてもそこそこいい感じのモノ。それがこのティッシュカバーでした。

これを買うことによって送料は無料になり、うろ覚えですが、実質的に200円くらいで購入できたことになります。

1年以上、子ども部屋に置いていたのですが、しかし結局は処分することに。
子ども部屋のティッシュは頻繁に交換しないためカバーにホコリがつもり、交換の際も「カバーを拭く」手間がかかり、見た目にも不潔だったからです。

送料と引き換えに失ったもの

わが家では、リビングと寝室で木製のティッシュケースを使用していまが、それ以外は必要を感じないため、カバーなしで置いていました。
つまり、本来であれば全く必要ではないモノを買ってしまったわけです。

わたしが送料と引き換えに失ったと思うもの3つです。

その①お金

定価より数百円安くなったとはいえ、購入にはお金(200円)がかかりました。

その②時間

ティッシュ交換の際にカバーを開けてティッシュを出し入れする時間。
掃除する手間と時間。
そもそも最初に、何を追加購入するかを決める時間。

こうして考えただけで、多くの時間を失いました。

その③気持ち

ティッシュカバーを目にするたびに「本当なら必要なかったのに」というモヤモヤした気持ちにもなりました。

結局、プラスマイナスで、マイナスになってしまったようです。

送料は「必要経費」だと考える

f:id:yukaricca:20190321112128j:plain

ネット通販は便利です。
実店舗に買いに行くとき必要なものは・・・

  • 交通費
  • 店まで行く時間
  • つい他のものを見たり買ったりのリスク

ネットで購入することによって、それらの経費やリスクが軽減されたことになります。
それと引き換えに「送料を払う」。そう考えたら、5~600円は安いものではないでしょうか。

ネット通販の送料は「必要経費」なのです。
そう考えれば、ムリしてまで送料無料にしようとする気持ちは薄らぎます。

62*スッキリのコツ!日常に関係ないモノを片づける

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

部屋がゴチャゴチャに散らかっていると、どこから手をつかたらいいか悩みますよね。
「まずは明らかなゴミを捨てましょう」
これは正解です。
しかしそのあとは?

自分なりにやりやすいモノ・場所から始めればいいと思いますが、もし迷ったら「日常に関係ないモノ」から片づけてみませんか。
スッキリが加速しますよ。

散らかったモノには2種類ある

f:id:yukaricca:20190312183326j:plain

  1. 子供が脱ぎ散らかしたパジャマ
  2. 食後の食器
  3. 使いっぱなしの掃除機
  4. 実家から持ち帰った思い出品

これらのうち、ひとつだけ種類の違うモノがあります。どれだか分かりますか?

・・・・・
正解は「4」です。
1〜3は日常的に使用するモノですが、4は日常に関係ないモノです。

優先すべきは「日常に関係ないモノ」

1〜3は放っておいても片づく可能性があります。
脱ぎ散らかしたパジャマは洗濯するときに回収、もしくは夜お風呂から出たら着るでしょう。
食器は遅くとも次に使う前には片づけますし、使いっぱなしの掃除機も、次に掃除をするときには動かします。
つまり日常的に使っているモノは、いくらでも片づけのチャンスがあるのです。

しかし4は「日常に関係ないモノ」。
意識して片づけない限り、そのまま居座ります。

つまり、優先して片付けるべきは、日常には関係ないモノなのです。

日常に関係ないモノ・実例

f:id:yukaricca:20190312175000j:plain

片づけ実例に事欠かないわが家(ダメじゃん)。
ある日の玄関先です。

1.一升ビン

日本酒の空きビン。
当然日常で使いませんので、片づけない限りここに居座ります。外のビン置き場へ移動。

2.クリーニング受付拒否された夫のダウンライナー

合皮が部分使いされているため、クリーニングNGでした。
家で洗って干しました。

3.子供のスキーウエア用バッグ

スキーウェアはクリーニングへ。袋もサッと洗ってしまいたいのですが、手洗いが微妙に面倒。。。放置していました。

f:id:yukaricca:20190312174957j:plain

4.子供が持ち帰った、学校の作品

あっても邪魔にならない場所だと、ずっと居座ります。
頑張って片づけるしか道はありません。

周りを見回してみよう

実例にあるようなモノ、周りにありませんか?
まずはひとつ、片づけてみましょう。案外カンタンな上に、片づけるとスッキリしますよ。

そして日常的に使用するモノは、使ったあと定位置に戻します。

これで、部屋の中は格段にキレイになる・・・はずです!