暮らしを整える100のヒント

山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香のお片づけコラム

45*「写真を撮って捨てる」のメリット・デメリット

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

モノの処分に迷ったら、写真を撮って捨てましょう。
よく聞きますよね。

これはメリットもありますが、デメリットもあります。
「写真を撮って捨てる」に適しているモノと、向いていないモノもあります。

順番に見ていきます。

写真を撮って捨てるーメリット

f:id:yukaricca:20181007123533j:plain

とにかく小さく保管できるのがメリットです。
極端な話をすれば、ダンボール10箱分のモノも写真に撮ってデータ化すれば、小さなSDカード1枚に収まります。

写真を撮って捨てるーデメリット

意外と管理が大変

データ化して小さく収まったとしても、そのデータを保存したメディアは永遠ではありません。今後、使えなくなる可能性もあるのです。

フロッピーディスクをご存知ですか?
20年前あたりはデータ保管といえばフロッピーでした。
今はもう見かけませんよね。

わたしは写真をDVDに焼いていますが、DVDドライブがなくなってしまえば見れなくなるので、データも移し替えないといけなくなります。

写真を撮って安心してしまう

写真は気軽に撮れてしまうので、よく吟味せずに撮りためてしまう可能性も。
写真に撮って、安心してしまうのですね。

そうなると写真はたまる一方です。
そして管理が大変になっていきます。

写真は見返さない

なかなか見返さないというデメリットもあります。
スマホにでも入れておけば、思い立ったときにスグ見られますが、容量を食い過ぎます。
そもそも子供の写真などならともかく、思い出品の写真をそんなに頻繁に見返すでしょうか。

つまり、結局写真は見なくなるというわけです。

写真を撮って捨てるー適しているモノ

f:id:yukaricca:20181007123536j:plain

子供の工作など「今」の思い出品には適していると思います。
モノだけを撮るのではなく、子供も一緒に取ることにより二重の意味で思い出に。

写真を撮って捨てるー向いていないモノ

過去の思い出品をそれ単独で撮っても、それはただの「モノの写真」になりがちです。
モノの思い出は見た目だけではなく、手触りや匂いなどの感覚もあります。
過去の思い出品を写真で残したとしても、2〜3点は現物をとっておいたほうが後悔しないと思います。

モノの持つ空気感も大切に

料理の写真は見るだけでも美味しそうですが、やはり現物には敵いません。
思い出品も、本当に大切でずっと手元におきたいものは、そのままとっておきましょう。

写真で残すとしても数を厳選し、その「モノ」が一番キレイに見えるよう、光や構図を工夫して撮りましょう。

美しく撮ってこそ、美しい思い出として焼きつけられるのです。

44*役割が終了したら、捨てる。

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

皆さんの、モノを捨てる基準は何ですか?

こんまり流に「ときめくかどうか」でしょうか。
「今」使っているか・使っていないか、というのもいいですね。
その「モノ」はあなたを幸せにしてくれますか?と自分に尋ねるのも◎

しかし現実は「まだ使えるかも」「捨てるのはもったいない」「高かったし…」と、なかなか処分に踏み切れないことが多いです。

そんなとき、いつもの基準に「モノの役割を考える」をプラスしてみませんか。

モノには全て「役割」がある

f:id:yukaricca:20181004124915j:plain

当然ですが、モノには全て役割があります。

文字を書くためのペン
爪を切るための爪切り
寒さから身を守り、自己表現を叶えてくれる洋服
ただの飾り物であっても、それを見ることによって心が安らいだりします。

ただしその役割がいつまでも続くわけではありません。

愛用していたボールペンも、書けなくなったらもう必要ないですね。
大好きだった飾り物も飽きてしまったら、役割は終了です。

こんなモノは要注意

年賀状

年賀状は「年始の挨拶状」です。
本来であれば、受けとって読めば役割終了です。
「お年玉の当選結果を見る」も必要でしょうか。

その後も取っておくのであれば、理由が必要です。
わたしは宛名を手書きするため、1年分はとっておきます。

大切な人からもらったモノだから捨てられないのであれば、本当に「大切な年賀状」だけを分けて、ほかは捨てましょう。

古いケータイ・スマホ

捨てられないのは本体ですか?データですか?
データであれば、他に移しましょう。
愛着のある本体は捨てられませんか?
リビングに飾っておきたいほどの愛情はありますか?
引き出しにしまいっぱなしで、1年に1回くらい目にして「なつかしー!」と言うだけなら、要らないのではないでしょうか。

スーツ

子供の入園式で着たスーツ。
卒園式で着て、小学校入学式で着て、次は卒業式に着ますか?

卒業式はそのスーツを買ってから、すでに8年くらい経っています。
さすがに似合うスーツも変わっているのではないでしょうか。
中学校の入学式には、もっと地味なスーツがいいのではないでしょうか。

役割が終わっても捨てにくいモノ

思い出と直結するものは、役割が終わっても捨てにくいですね。

子供が初めて履いた靴。
サイズアウトしたら「役割終了」ですが、よちよち歩き始めた可愛いわが子の思い出がよみがえって捨てられません。

ウエディングドレスなども、結婚式が終われば必要なくなりますが、捨てられないでしょう。

このように思い出と直結するものを捨てるのは難しいです。
しかしこれらを全て取っておくことはできません。

子供が小さかった頃のモノは、ひとつかふたつに絞る。
ウエディングドレスはかさばるので、リングピローを取っておく。

せめて「ひとつの思い出」に「思い出品もひとつ」に収めるといいですね。

 

43*【片づけ実例】紙袋を捨てて、整理整頓

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

ふと、わが家の紙袋ストックを見ると、なんだかとんでもないことになっていました。
今回はわが家の紙袋を整理しながら、片づけの流れを解説していきたいと思います。

「不安」のある場所にモノは増える

わたしの場合、好きなことや得意なことに関する片づけは、割とスムーズにいきます。本棚やアクセサリー・小物の収納などです。

しかし苦手なことや不安に感じることに関しては「もっと持っていたほうがいいのでは?」という思いから逃れられず、ついついモノも増えてしまう結果に。

まずは何が「不安」かを把握し、「不安」を取り除いて見ましょう。

「紙袋」が無いと不安・・・なぜ?

f:id:yukaricca:20181001105055j:plain

紙袋は「捨てられないモノ」の代表ではないでしょうか。
なぜ捨てられないのか、と考える前に「何に使うのか」を明確にしましょう。

紙袋については、こちら▼で記事にしています。

わたしの場合、使い道は主に2つ。

  • メルカリの発送用
  • 子供の着替え・荷物用

つまりこの2つに適した紙袋と、必要枚数を確保しておけば、不安は解消されるというわけです。

入手頻度にも注目

紙袋は、買い物をすれば自動的に入手できるモノです。
しかし買い物の頻度は人それぞれ。どのようなショップで買うかによって、紙袋の質も変わってきます。

わたしの場合は田舎暮らしのため、紙袋の入手頻度がかなり低いです。
そのため「紙袋は貴重なモノ」という思い込みが強く、なかなか捨てられないのです。

生活環境によっては頻繁にもらう人もいるでしょう。
その場合はストックが少なくても、すぐに入ってくるので、多く持たないようにしましょう。

具体的片づけ方法

それでは実際に、紙袋を整理整頓をしてみます。
わが家の紙袋は、階段下収納に吊り下げています。

f:id:yukaricca:20181001105046j:plain

ビフォー

f:id:yukaricca:20181001105049j:plain

パンパンに入っています。
整理収納アドバイザーでもこんな状態なんです。なんか安心しませんか?笑
注:もちろん人によります

f:id:yukaricca:20181001105052j:plain

中はこんな感じ↑

全出しとグループ分け

f:id:yukaricca:20181001105847j:plain

お片づけのお約束、まずは全てを出して、収納用品(この場合は大きな紙袋)をキレイにします。

その後、グループに分けます。

①プチプチや緩衝材

メルカリの発送を想定したストックなので、プチプチなども一緒に保管

②ダンボール

こちらも発送用の台紙として保管

③大きめ紙袋
④小さめ紙袋
⑤封筒類

手紙用とは別の、発送用封筒

⑥引き出物の入っていた紙袋

どのようにグループ分けをするかは、紙袋の使用目的によって変えてOK。
「薄手のもの」と「しっかりしたもの」で分ける方法などもありますね。

要・不要に分ける

f:id:yukaricca:20181001112045j:plain

グループ分けしたものを、さらに要・不要に分けました。
黄色の線より左が要・右が不要です。

「要」

A.プチプチ

プチプチはメルカリの発送に不可欠
足りない場合は買うこともあるので、処分なし

B.大きめでキレイな紙袋
C.小さめでキレイな紙袋
D.引き出物の紙袋(便利な上に超貴重)と封筒

「不要」

E.台紙用ダンボールと緩衝材

あれば便利と思ったけれど、実際には使わない

F.香典返しの袋

気にする人もいるかもしれないので処分

G.間引いた紙袋

「メルカリの商品発送」の目的に合わない、重い紙袋

アフター

f:id:yukaricca:20181001105101j:plain

結果、こんな感じに。
ざっくり大きさと用途別に分けています。

処分したのはこちら↓

f:id:yukaricca:20181001105107j:plain

簡易ゴミ箱として使用して、捨てたいと思います。

やってみれば簡単、それが片づけ

いかがでしょう。
わざわざ写真を撮って記事にするまでもないほど、簡単でしたよね。

片づけって、やってみるとあっけないくらい簡単なんです。

大切なのは、

  • その「モノ」の所有の意味=なぜ持つのか
  • どのようにグループ分けするのか
  • 処分の基準

この3つです。

今回の紙袋整理では、

  • なぜ持つのか=メルカリ発送と子供の荷物入れ
  • グループ分け=種類別・大きさ別
  • 処分の基準=メルカリ発送に不要なものを処分

紙袋はとても簡単なジャンルですが、これが例え洋服であっても、調理用具であっても、やり方は同じです。

まずは小さい範囲から慣れていくのもいいですね。

片づけは簡単!
まずはやってみましょう。

ご無沙汰しています*たまには近状でも…

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

更新しないまま1ヶ月以上経ってしまいました。
一度離れてしまうと、なかなか再開できないのがブログですね。

しかしこのブログは、100までいってこその「100ヒント」!
まだまだ頑張りますョー。

最近はライティングに力を入れています

f:id:yukaricca:20180926152251j:plain

わたしは片づけと同じくらい「書くこと」が好きなので、在宅でライティングの仕事をしています。

 

CrowdWorks(クラウドワークス) を利用しています

 

最近は整理収納に関するライティングのお仕事も頂けるようになり、充実した毎日です。

クラウドワークスで募集されているライティングの内容は多岐に渡ります。誰にでも何かしらの得意分野があると思いますので、書けそうな仕事を選んで試してみてはいかがでしょう。

子育てや介護、通院などで、外に仕事に行けない人にピッタリだと思います。
時給的にはそんなにもらえませんけどね。笑

お片づけモニターを募集します

整理収納アドバイザーの資格を取得後、お片づけサービスを開始する同期たちを前に、なかなか勇気が出せずにいました。

コミュニケーションが得意ではなく、対面でサービスを提供することに尻込みしていたのです。文章だといくらでも盛れるんですけどね。笑

しかし暑かった夏も過ぎ、雪深くなる前に、思い切ってお片づけモニターさんを募集しようと思います!

明日(9/27)募集を開始しますので、少しでも興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

自己紹介ページを書かなければ・・・

f:id:yukaricca:20180926152301j:plain

一応、文章を書く仕事をしているわけですが、自己紹介というものが恐ろしく苦手です。履歴書なんて、書くたびに寿命が縮まっている気がします。

このブログに自己紹介がないのは、そういう訳なのです。

しかしお片づけを頼むにしても、お片づけの参考としてブログを読むにしても、どういう人が書いているのかはとても重要ですよね。

同じことを言うにしても、どういう人が言うかによって、伝わり方も違ってきます。
近々、気合を入れて自己紹介ページも作りますね。なんか自分でハードルあげちゃってる気もしますが。。。

断捨離がはかどる秋

最近はすっかり秋の気候で、過ごしやすくなりました。
暑くて動けなかった夏に溜まった「モノ」を整理してみませんか。

気候がいいと、判断力の精度も上がります。
ぜひ「断捨離の秋」にしてみてください。

冬になってしまうと、今度は寒くて動けなくなりますから!笑

わたしも最近「もっとスッキリしたい」という気持ちが強くなり、持ち物を見直している最中です。そのうちこちらのブログでも、断捨離の様子をご紹介できるかもしれません。

これからもよろしくお願いします!

現在、佐々木典士さんのぼくたちは習慣で、できているを読んでいます。
このブログに関してわたしは「書かない習慣」をつけてしまったようです。

自転車と同じように、一度止まってしまうと漕ぎだすのに力が必要ですが、力を込めてもう一度漕ぎだしてみようと思います。

これからも「暮らしを整える100のヒント」をよろしくお願いします。

▼メルカリだと定価より安いですが、当たりハズレも覚悟しましょう

42*All or Nothingの罠を回避する

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

お気に入りのモノだけに囲まれた暮らしをしよう!と意気込んで断捨離を始めても、ちょっとしたことでつまずいて挫折してしまう。
それは「捨てる決断」ができないことだったり、集中力が続かないことだったり。

「All or Nothingの罠」もそのひとつです。
以前わたしはよく、この罠にかかって断捨離がうまくいきませんでした。

All or Nothingって?

f:id:yukaricca:20180821153702j:plain

言葉通り「全てかゼロ(無)か」と言う意味です。

何かを捨てようか迷ったとき、そのジャンルのものを「全て捨てるか」「全く捨てないか」で迷ってしまうことはありませんか。

例えば「通販カタログは全捨てしましょう」と片づけ本に書いてあったとします。
そこで本棚からカタログを全部取り出し、ゴミ袋に入れようとします。

しかしそこで手が止まります。
「今、部屋の模様替えの最中だから、収納用品を買うかもしれない…」
そう考えるとカタログを捨てられず、結局本棚に戻してしまうことに。

このケースでいえば、必要なのはインテリア関係のカタログだけです。
それ以外の、ファッションやコスメは捨てられたのではないでしょうか。

もっと突き詰めれば、気になる商品のページだけを切り取ったり、写真に撮っておくこともできます。どこの通販会社か分からなくても、商品名で検索すればすぐ分かります。

サイトにいって気になる商品をお気に入り登録しておけば、カタログは全捨てできます。

一部分を捨てる・とっておく

f:id:yukaricca:20180821153706j:plain

1ジャンルに多くのアイテムがある場合は、必要なアイテムだけをとっておきましょう。

そしてひとつのアイテムであっても細分化できる場合は、必要な「部分」だけをとっておく方法もあります。

例えば旅行用のボストンバッグ。
肩掛け用のストラップも付いているけど、使いにくいので使っていない。
しかしこの付属品も含めたボストンバッグだし、一部分だけ捨てるのは、バッグそのものが不完全になるようでできない。

しかし使わないなら捨てましょう。

蓋つきの食品保存容器も、蓋を使わないなら捨てる。
ワンピースの付属ベルトも、使わないなら捨てる。

そのように無駄な部分をそぎ落として行けば、いつか理想とする「お気に入りのモノだけに囲まれた暮らし」も可能になるのではないでしょうか。

妥協したっていいじゃん

そしてもうひとつ、All or Nothingには「妥協を許さない」という意味もあります。

真面目な人ほど、片づけに関して完璧にやろうとして疲れてしまいます。
「これはもう使わないけど、もしかしたらまた使うかもしれない。でもそういうモノは今後使うことはないって本に書いてあったし、ここはやっぱり思い切って捨てよう。でも…」
片づけ中の脳内あるあるではないでしょうか。

5つ迷うアイテムがあれば、そのうち2つ3つでも捨てられれば確実にモノは減ります。残りはまた次回に持ち越しでもいいじゃないですか。

回を重ねるたびに、判断精度はどんどん上がっていきます。
まずは「やること」が大切。
All or Nothingにこだわらず、気楽にお片づけを進めましょう。

41*【夏休み】学習机を子供と一緒に片づけよう

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

前回「子供の夏休みのお片づけは、ランドセルから始めましょう」と書きました。
そしてその後、学習机の片づけに続く予定が、気がついたら夏休み終っちゃってました!(山形は2学期が始まるの早いのです)

わが家はお盆前に、おもちゃ箱と学習机を一気に終わらせました。

今回は、学習机の片づけポイントをまとめたいと思います。

片づけの基本は全て同じ

f:id:yukaricca:20180821095214j:plain

学習机に限らず、全ての片づけの基本は同じです。

  1. 収納の中身を全部出す
  2. 要・不要に分ける(不要品の処分)
  3. グループ別に分ける
  4. 収納する

中身を全出しした後に、収納内をキレイにすることもお忘れなく。

学習机もまず、全て出してカラッポにしましょう。
完全にカラにして、机そのものを掃除したいところですが、時間がない場合などは

  • 引き出しの中
  • 机の上
  • 本棚

この3つに分けてやってもOK。

ただし同じジャンル(グループ)のモノは、1回で終わらせます。
例えば「動物消しゴム」を引き出しに収納しつつも、机の上や本棚にも飾っていたら、一度全てを集めてから要・不要を判断します。

一番大切なのは「区別」

片づけの中で一番大切で基本になるのは、要・不要の区別です。この判断は、必ず子供本人が行いましょう。
これがキチンとできてこそ、その後のグループ分けや収納が生きてきます。

逆に区別がうまくできていないと、いるもの・いらないものがごちゃ混ぜに収納され、あっという間に元の散らかった状態に。

まだ片づけが上手にできない子供には、この「区別」を行う眼力(笑)を鍛えてあげて欲しいです。

要・不要の判断は、大人でも集中力を要しますし、消耗します。
区別を行なったら、その後のグループ分けや収納は、大人が手伝ってあげてもよいのではないでしょうか。

理解・思考・慣れ

f:id:yukaricca:20180821095219j:plain

グループ分け

大人がお手伝いする場合は、必ず「なぜそうするか」を説明します。
なぜいつも使う鉛筆は鉛筆立てで、マジックやシャープペンシルが引き出しの中のトレイなのか。
大人が勝手に入れるのと、理由を理解しているのとでは、今後の行動に差がでます。

収納

グループ分けしたものを収納するとき、どこに置こうか/入れようか、子供と一緒に考えてみましょう。

これは滅多に使わないから奥の方、これは大きいから下の引き出し等、理由を考えて収納するクセをつけます。

そうしないといつまでたっても「空いているから入れる」から卒業できません(←うちの次男がコレ)。

慣れ

あとは回数をこなして慣れることです。
年に1回大片づけをしても、身につきません。

学期に1回は必ず、あとはゴチャついてきたなと思ったとき、モノが増えたとき、あまり変化がなくても月に1回は整理整頓してみましょう。

こまめに行えば1回1回がラクなので、子供も片づけに対して面倒だという気持ちを持たなくなるでしょう。

40*【夏休み】子供のお片づけ・まずはランドセルから

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

夏休みにはお子さんと一緒に、子供部屋の片づけを計画している親御さんも多いことでしょう。

うちもヒドイ状態ですので、近々学習机とおもちゃ箱を片づけたいと思います。

まずはランドセルから始めてみませんか

f:id:yukaricca:20180802162138j:plain

片づけの基本は、まず「不要品」を取り除くことからです。
ランドセルはもちろん「不要品」ではありませんが、夏休みの間は「使わないモノ」です。

ランドセル以外にも体操服や給食着など、夏休み中に不要なモノは、一度全て片づけてしまいましょう。

洗濯したりお手入れして、クローゼットなどに入れておくと、夏休み中スッキリ過ごせます。

ランドセルの中身を全出し

まずはお子さんと一緒に、ランドセルの中身を全部出して見てみましょう。

  • グチャグチャになったプリント類
  • 授業で使ったシールの残り
  • イベントで持っていったゴミ袋

長男のランドセルには、これらが入っていました。
今どきはさすがに「給食の残りのパン」が入っていることはないでしょうか。
わたしの子供の頃は、パンを入れている男子、結構いたような。笑

ランドセルを掃除

f:id:yukaricca:20180802162142j:plain

ランドセルは意外と汚れています。
中身を全出ししたら、ランドセルを掃除しましょう。

まずは屋外で逆さまにし、ゴミを払います。
ノートに挟まっていた消しゴムのカスなどがポロポロと…。

その後、固く絞ったぞうきんで、内部と外部を拭きます。
小さなポケットの中は乾きにくいので、つっかえ棒をするなどして口を大きくあけ、乾燥させます。

その間に、中身の点検です。

ランドセルの中身を仕分ける

  • 2学期に使用しないものは処分
  • 夏休み中に使用しないものは、ランドセルに入れてしまう
  • 夏休み中に使用するものは、机にしまう

これと同時に新学期に学校に返すもの、通知表や体重測定の記録などもランドセルに入れてしまいましょう。
始業式前にあわてなくて済みます。

これで机周りがスッキリしますので、その後の片づけがスムーズになります。

大掛かりな宿題前に片づける

f:id:yukaricca:20180802162148j:plain

小学生の夏休みの宿題には、絵を描いたり自由研究など、広い場所が必要なものもあります。
それまでには机周りを片づけておきたいですね。

勉強する場所が雑然としていると、落ち着いて思考ができませんし、何かを決定することも難しいです。

思い立ったときにスグ取りかかれるよう、常に片づいた状態が理想ですが、その一歩を夏休み中に踏み出してみましょう。

ただし重要なのは「片づけること」ではなく「片づいた状態を維持すること」。

共働きだとなかなか時間が取れず、気がついたら新学期…ということもあるでしょう。
しかしお盆休みの親の宿題として、「子供の片づけを一緒に行う」をスケジュールに組み込んでみませんか。

学習机の片づけについては、後日書きたいと思います。