暮らしを整える100のヒント

山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香のお片づけコラム

52*片づけ時の「迷い箱」の本当の意味

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

片づけのとき、モノを要・不要に分けますが、そのときどうしても決められないものは「迷い箱」に入れましょう。整理収納アドバイザーの授業でもそう習いました。

わたしはどうしてもこの「迷い箱」の存在理由が理解できませんでした。
しかし辰巳渚さんの著書を読み、初めて納得したのです。

「迷い箱」は手間を増やす

f:id:yukaricca:20181203152414j:plain

「迷い箱」とは。
ルールは様々ですが、とっておくか捨てるか、迷ったときは箱や紙袋を用意してそこに入れます。その後、半年なり1年なり経ったら、改めてとっておくか捨てるかを決めます。

つまり2回判断しなくてはいけないのです。
面倒じゃないですか?
どうせ判断するなら1回でジャッジして、捨てるならさっさと捨てる、取っておくなら堂々と取っておけばよいのです。

なんて言いつつ、迷って捨てられない…という人には「迷い箱に入れましょう」なんて、しれっと言っちゃいますがね。

「迷い箱」=捨てる前提 

辰巳渚さんは「幸せの生前整理」の中で、こうおっしゃっています。
(著書の中では「迷い箱」ではなく「わからないモノ」と表記されています。)

「わからないモノ」とは、「捨てればいいとわかっているけれど、捨てたくないから判断できない・したくない」モノなのです。その意味で、「捨てても大丈夫なモノ」とみなしたうえで、もう一度、「捨てる/のこす」を検討します。

「迷い箱」とは、取っておくか捨てるかを検討する箱ではなく、「不要だけど、捨てたくないモノを入れる箱」というわけです。

「必要なモノ」と「捨てたくないモノ」は似ているようで、全く違います。
「必要」がモノとしての役割を持っているのに対して、「捨てたくない」は役割が終了してしまったものの気持ちが残っているモノ。

「迷い箱」の中身は「捨てても大丈夫なモノ」。
それを理解した段階で、片づけは一歩進んでいます。

時間をおいて「迷い箱」の中身を取っておくか捨てるかを判断するのは、二度手間ではなく、階段を2段進むようなものなのです。

それでもわたしは「迷い箱」を作らない

「迷い箱」の存在意義が見いだせたので、今後片づけのお手伝いをするときは納得の上で「迷い箱を作って入れましょう」と言えます。でもやっぱりわたし自身は「迷い箱」は作りません。

「捨てて大丈夫なモノ」なら捨てましょう。
捨てたくないなら、取っておきましょう。

「捨てる経験」を重ねていくと、この見極めが迷うことなくできるようになります。
それまでは「迷い箱」を活用して、経験を積むのがいいですね。

51*定期的に着てみる!使ってみる!

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

迷うことなく「捨てない」と決めたモノでも、定期的に手に取ってみましょう。洋服なら着てみる、小物なら使ってみる。
過去の思い出バイアスがかかって、過大評価している場合があるからです。

思い出はキラキラと輝いて…

f:id:yukaricca:20181115180548j:plain

初恋の想い出とかならいいんですけどね。笑

数年前の、自分が(現在と比べて相対的に)若かった頃、似合っていた服。
今は手に取らなくなったけど、わたしをキレイに見せてくれる服だから、捨てるなんてとんでもない!

そう思ってとってある服はありませんか。

しかし2〜3年も経つと、流行のシルエットも、自分の見た目も変わっています。
あの頃似合っていた服が、今でも似合うとは限りません。
シルエットもなんとなく「古臭く」なっているかもしれません。

もちろん今でも十分活躍するアイテムかもしれませんが、実際に着てみないと分からないのです。

もう似合わない「象牙のロングネックレス」

先日久しぶりに、象牙のロングネックレスをつけました。
丸玉をつないだだけ、80cmほどのシンプルなネックレスです。

パールのようなツヤがないのでカジュアルに溶け込み、服になじみつつもアクセントになってくれて重宝しました。

しかし久しぶりにつけてみると、以前つけた時のようなワクワク感は感じませんでした。
ぼんやりマットな質感が、服に埋もれてなんとも地味。
そもそも骨格タイプウェーブのわたしに、ロングネックレスは似合わないのです。それでも以前は若さでカバーできていましたが、もうムリな段階なのでしょう。。。

永遠の定番と思われたアイテムも、ときどき身につけてみて、現実を直視することが大切です。

大切な場面で失敗しないために

お出かけ用の服は、普段はあまり着ませんよね。
大切な日に「コレを着る!」と決めていても、当日袖を通してみると「なんか違う…」そんなこともあります。

お出かけ着もときどき袖を通して、サイズやコーディネイトをチェックしておきましょう。

大切な日に失敗しないよう、予行練習が大切です。

50*時間がないのではなく、優先順位が低い

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

まず最初にお伝えしておきますが、決して責めているわけではありません。

片づけができない理由の上位に「時間がない」が挙げられると思います。
しかし本当にやることがビッシリで、起きてから寝るまで自由になる時間が全くないという人は稀だと思います。

結局は「時間がない」のではなく「優先順位が低い」のです。

「優先順位が低い」とは

f:id:yukaricca:20181106125422j:plain

優先順位が高い=その人にとって基本になることがら
優先順位が低い=その人にとってプラスアルファのことがら

例えば知り合いのAさん。
とてもキレイ好きで、休日はキッチリ掃除をします。
お料理も得意で、何品も作ります。

それ以外にも洗濯やら買い物やらしていると、休日は「時間がなくて」片づけまで手が回らないそうです。

つまりAさんにとって、掃除や料理は生活の基本。mustなことがらです。
そして片づけは「今すぐやらなくてもいいこと」。時間ができたらじっくりやろうと考えているそうです。

優先順位をちょこっと入れ替え

しかし「時間ができたらやろう」と思っていても、自然に時間ができるとは思えません。現状に満足しているなら問題ありませんが、もし少しでも「片づけたいな」という気持ちがあるのであれば、優先順位をちょこっと入れ替えてみませんか。

もちろん、掃除をやめて片づけをしろという話ではありません。

  • 拭き掃除を1回お休みにしてみる
  • 掃除機かけを子供に任せてみる
  • 料理を1品減らしてみる
  • 思い切って外食にしてみる

毎週でなく月1回でもちょっと手を抜いて、お片づけに当ててみましょう。
たとえ月に1回30分であっても、やればそれだけ片づきます。

片づけを「楽しみ」に昇格させる

f:id:yukaricca:20181106125426j:plain

忙しくて時間がなくても、娯楽のない人は少ないと思います。
夕飯後のテレビ、休日のDVD、映画や買い物などなど。
それならいっそのこと、片づけを娯楽にしてみませんか。

片づけは結果が目に見えるので楽しいです。
ダイエットは頑張ってもなかなか結果が伴わないことが多いですが(わたしだけ?)、片づけならやればやっただけキレイになります。

ビフォーアフターの写真を撮るのもいいですね。
ブログやツイッター・インスタなどに載せれば思わぬ反応があって、モチベーションも上がるでしょう。

片づけが義務ではなく「楽しみ」になれば、時間がなくても時間を作って楽しく行うことができます。

やってみると意外とカンタン

わたしも掃除がキライなので、気持ちはよく分かります。
始める前って「面倒」「やりたくない」の気持ちが大きいんですよね。

でも実際始めてみれば、意外とカンタン。
終わった後の爽快感も嬉しいご褒美です。

コツは「やり続ける」こと。
一度やめてしまうとまた最初の「面倒」「やりたくない」に逆戻りです。
毎日少しずつでもやっていれば「意外とカンタン」を忘れずに済みます。

まずは1日5分、何でもいいのでお片づけに関わってみませんか。
わたしも1日5分、掃除に関わってみようと思います。笑

49*出しやすさより【しまいやすさ】優先の収納を心がける

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

記事タイトルの通りです。
収納を決めるときは、出しやすさよりも「しまいやすさ」を優先しましょう。
それだけで「散らかり」が防止できます。

必要なモノは苦労しても取る

f:id:yukaricca:20181105142807j:plain

本当に必要なモノは、たとえ困難が伴ったとしても取ってくるのが人間です。

たとえばお菓子が食べたいとき。
キッチンの吊り戸棚の中に、箱に入ったお菓子があったとして「取り出すのが面倒だから食べるのはやめよう」と思いますか?

たとえ面倒でも

  1. キッチンへ行って
  2. 吊り戸棚を開け
  3. 背伸びをして箱を取り出し
  4. 箱を開けてお菓子をとる

これくらい(美味しいお菓子のためなら)苦になりません。

モノをしまうのは後回し

それではモノをしまうときはどうでしょう。

同じ場所が「ハサミ」の収納場所だとします。そんなことはあり得ませんが、例えばです。

ハサミを使ったあと、

  1. キッチンへ行って
  2. 吊り戸棚を開け
  3. 背伸びをして箱を取り出し
  4. 箱を開けてハサミをしまう

これをするでしょうか?
「キッチンに行くときに持っていこう」と思って、そのへんに放置するのではないでしょうか。

出すのはカンタン・しまうのは面倒

モノを出すときは明確な目的があるため、多少苦労しても取り出します。
しかし、しまう行為は後始末。やりたいことは終わってしまったので、もうやる気になりません。

それゆえ、出しやすさより「しまいやすさ」優先の収納を心がけましょう、ということです。

例えば、メルカリで商品が売れたときの梱包用品の収納。

梱包をリビングで行う場合、梱包用品もリビングにあれば「出しやすい」です。
しかしリビングにはたくさんのモノを収納しているので、そこに置くとなると場所がなかったり、狭かったりなど不都合も多いです。
使用後戻すときは、他のモノを片づけないと入らないかもしれません。

それならリビングから離れていても、収納に余裕のある階段下収納はどうでしょう。
使うときは遠くまで取りに行かなくてはいけませんが、終わったらサッとしまえます。

収納は「近いから便利」というわけではないのです。

48*【片づけ実例】「時の止まった部屋」に風を送る

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

なんのこっちゃ!のタイトルですが、今回はお片づけ実例です。
ご依頼内容は…

小学校入学を控えた子供のために
家を出た兄が使っていた部屋を片づけたい

というものでした。

 まぁぶっちゃけ、隣の義実家なんですけどね。
「家を出た兄」は夫なんですけどね。
依頼されたわけでもなく、わたしが片づけたかっただけなんですけどね。

高校時代から時が止まった部屋

f:id:yukaricca:20181022112543j:plain

まずはこちら↑がビフォーです。
恐ろしいです。
地震があったら確実に本に埋まります。

現在はほとんど使っていない部屋のため、写真に写っていない部分も物置状態になっています。

本人(夫)は全く乗り気ではなかったのですが、ヒマそうにしていたウチの長男(父親の昔の持ち物に興味津々)の協力も仰ぎ「いる・いらないの判断をするだけでいいから」とだましだまし(?)連れていきました。

片づけは本人にしかできない

片づけた場所は、学習机の上と引き出しの中。
結局2時間ほどかけて、ほとんどのものをゴミ袋に入れました。
ゴミ袋3袋分と書籍類が、ゴミとして撤去されました。

夫はひたすら「いる・いらない」の仕分けをし続けました。
夫はある意味ドミニック・ローホー並みのミニマリストなので(必要なもの以外は全ていらない的な)見てるだけでも気持ちのよい捨てっぷりでした。

途中で義母が、まだ着られる服を持って帰るか聞いたのですが「今あるもので不足はないから、全部いらない」と見もせずに言っていました。
ミニマリストの鏡かョ!

今回は整理収納アドバイザーの出番なし

f:id:yukaricca:20181022112547j:plain

結局ひたすら捨てまくるだけで終わった1回目。
なんとも中途半端な状態ですが、アフターです↑。

次回は部屋にあふれるマンガや本、置かれたまま放置されている様々なものを片づけたいです。

しかし今回のような奇跡的なタイミング(夫が在宅していて、長男が協力してくれる)が再び巡ってくるのはいつになるでしょうか…。

今回の片づけだけで終わってしまうと、結局元に戻ってしまう予感がビシバシするので、なるべく早い時期に2回目にとりかかりたいと思います。

47*家の中を手ぶらで移動しない

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

わが家はごく普通の(普通よりかなり小さいですが)2階建の家に住んでいます。
生活をしていれば当然、家の中を移動します。
しかしその時、まずは周りを見回すことを習慣にしています。
家の中を、手ぶらで移動しないためです。

収納は動線が全てではない

f:id:yukaricca:20181015132655j:plain

「動線を意識して収納場所を決めましょう」よく聞きますね。
「洗濯物をなかなかしまえない人は、動線が悪いのかもしれません」・・・果たしてそうでしょうか。

「収納しやすい動線」のみを考えた場合

  1. ベランダに干す
  2. ベランダのある部屋でたたむ
  3. ベランダのある部屋に全ての服やタオルを収納する

確かにその場から動かず収納までできてしまうので、しまうのはラクです。しかしひとり暮らしのワンルームならともかく、普通の家でこれでは生活ができません。

服は各自の部屋に置きたいですし、タオルは使う場所=浴室のそばなどに置いた方が使い勝手がいいでしょう。

<補足>
もちろん動線を全くムシして収納しましょうというわけではありません。
家のカギは帰宅後すぐに置ける場所を定位置にすれば、置き忘れたり失くしたりしませんね。
ただし、動線だけに縛られて収納場所を決めるのは、逆に不便になることもあります、というお話です。

自分の「行動」を収納に合わせる

f:id:yukaricca:20181015132657j:plain▲1F⇄2Fの「移動カゴ」を使ってもいいですね

わたしは朝、洗濯物をたたみます。
夕方だと湿っていることもあり、確認→たたむ→湿っているものは引き続き干すという手間がかかるからです。

朝の手順です。

  1. 洗濯機を回す
  2. 2Fに行ったついでにタオルをたたむ→1Fに持って降りる
  3. 洗濯が終わったら2Fに持っていく
  4. 2Fの洋服類をたたむ→近くに置いておく
  5. 洗濯物を全て干す
  6. 服をそれぞれの部屋にしまう
  7. 1Fに降りるとき、1F保管のものを持って降りる

これを毎日にルーティーンにしているので、2Fにたたんだ洗濯物が放置…ということはありません。

常に「周りを見てから移動」

決まっている行動以外にも、1Fと2Fを移動するときはまず周りを見て、持っていくものがないかどうか確認します。

お出かけ用のバッグは、帰宅後まず1Fで中身を出します。
2Fに置いている子供のおもちゃが1Fに溜まってしまうことも。
2Fのトイレットペーパーのストックが1個になっていたから持っていかないと…。
そういうモノを、2Fに行くとき持っていきます。

2Fから降りるときは、ゴミ箱のゴミが溜まっていないかチェックしたり、寝る前にベッドで読んだ本を持って降りたり。

手ぶらで行っても、モノを運んでも、労力は大して変わりません。
ちょこっと意識するだけで、部屋の散らかりは阻止できるのです。

46*「断捨離ブログ」を作ってみませんか

こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

わたしは雑記ブログも書いていて、断捨離したモノの写真を載せています。
自分が気持ちよく捨てるために書いているのですが、意外と読まれます。みな断捨離には興味があるのでしょうね。

処分するモノをブログに載せるのは、性格にハマれば、片づけが加速するよい方法です。一度試してみませんか。

断捨離〇〇には、どのSNSが向いているのか

f:id:yukaricca:20181009151850j:plain

わたし的にはブログがオススメですが、他のSNSでもOKです。

Instagram

インスタは基本的にビジュアル重視です。
捨てるモノは「不要だから捨てる」わけで、見た目がいいとは限りません。

ただし専用アカウントを作ってストックしていけば、これまで捨てたモノがズラッと並んで爽快ですね!

コレクション癖がある人にはピッタリ。

twitter

捨てるたびに気持ちを綴って吐き出すには最適でしょう。
しかしツイッターはどんどん流れ去ってしまうので「捨てたモノ一覧」として管理するのには不向きですね。

過去は振り返らない、去る者追わずのタイプにはいいかもしれません。

blog

捨てる理由を納得いくまでクドクド書けるところが好きです。笑
書くことにより気持ちの整理がついて、思い残すことなく捨てられます。

断捨離アイテムと記事数

f:id:yukaricca:20181009151525j:plain

わたしは捨てる度に写真を撮り、ある程度たまったら記事にしています。

しかし断捨離専用ブログであれば、1アイテム1記事でもいいし、「今日捨てたモノ」として複数アイテムを1記事にしてもいいですね。

写真とともに、捨てる理由や思い出も書くとスッキリします。

断捨離とブログの相乗効果

ブログを書くために捨てる・捨てるためにブログを書く。
この2つが影響しあって、断捨離が加速していきます。

飽きたらやめてもいいんです。
一度始めてみませんか、思わぬ収穫があるかもしれませんよ。

新しいブログを作ってみた

断捨離ブログではありませんが、Ameba Owndを使ってみたくてブログを作ってみました。

yuka-log.theblog.me

こんな感じで捨てたモノを紹介していけば、あっという間に断捨離ブログの出来上がりです。

ブロックを足して作り上げる方式で、初心者でも直感で操作できてカンタンですよ。