暮らしを整える100のヒント

written by 整理収納アドバイザー*渡辺 有香

40*【夏休み】子供のお片づけ・まずはランドセルから


こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

夏休みにはお子さんと一緒に、子供部屋の片づけを計画している親御さんも多いことでしょう。

うちもヒドイ状態ですので、近々学習机とおもちゃ箱を片づけたいと思います。

まずはランドセルから始めてみませんか

f:id:yukaricca:20180802162138j:plain

片づけの基本は、まず「不要品」を取り除くことからです。
ランドセルはもちろん「不要品」ではありませんが、夏休みの間は「使わないモノ」です。

ランドセル以外にも体操服や給食着など、夏休み中に不要なモノは、一度全て片づけてしまいましょう。

洗濯したりお手入れして、クローゼットなどに入れておくと、夏休み中スッキリ過ごせます。

ランドセルの中身を全出し

まずはお子さんと一緒に、ランドセルの中身を全部出して見てみましょう。

  • グチャグチャになったプリント類
  • 授業で使ったシールの残り
  • イベントで持っていったゴミ袋

長男のランドセルには、これらが入っていました。
今どきはさすがに「給食の残りのパン」が入っていることはないでしょうか。
わたしの子供の頃は、パンを入れている男子、結構いたような。笑

ランドセルを掃除

f:id:yukaricca:20180802162142j:plain

ランドセルは意外と汚れています。
中身を全出ししたら、ランドセルを掃除しましょう。

まずは屋外で逆さまにし、ゴミを払います。
ノートに挟まっていた消しゴムのカスなどがポロポロと…。

その後、固く絞ったぞうきんで、内部と外部を拭きます。
小さなポケットの中は乾きにくいので、つっかえ棒をするなどして口を大きくあけ、乾燥させます。

その間に、中身の点検です。

ランドセルの中身を仕分ける

  • 2学期に使用しないものは処分
  • 夏休み中に使用しないものは、ランドセルに入れてしまう
  • 夏休み中に使用するものは、机にしまう

これと同時に新学期に学校に返すもの、通知表や体重測定の記録などもランドセルに入れてしまいましょう。
始業式前にあわてなくて済みます。

これで机周りがスッキリしますので、その後の片づけがスムーズになります。

大掛かりな宿題前に片づける

f:id:yukaricca:20180802162148j:plain

小学生の夏休みの宿題には、絵を描いたり自由研究など、広い場所が必要なものもあります。
それまでには机周りを片づけておきたいですね。

勉強する場所が雑然としていると、落ち着いて思考ができませんし、何かを決定することも難しいです。

思い立ったときにスグ取りかかれるよう、常に片づいた状態が理想ですが、その一歩を夏休み中に踏み出してみましょう。

ただし重要なのは「片づけること」ではなく「片づいた状態を維持すること」。

共働きだとなかなか時間が取れず、気がついたら新学期…ということもあるでしょう。
しかしお盆休みの親の宿題として、「子供の片づけを一緒に行う」をスケジュールに組み込んでみませんか。

学習机の片づけについては、後日書きたいと思います。