暮らしを整える100のヒント

written by 整理収納アドバイザー*ワタナベユカ

20*バッグinバッグで荷物を片づけ、身軽にお出かけ


お片づけというと部屋の中を思い浮かべますが、バッグの中も小さな部屋のようなものです。

片づいていないとカギなどの小さなモノが見つからなかったり、さっとスマホを取り出せなかったり。

そんなときバッグinバッグを使うと、中をスッキリ片づけることができますよ。

バッグ2コ持ちのメリット・デメリット

f:id:yukaricca:20180326142518j:plain

バッグinバッグについて書く前に、バッグ2コ持ちのメリットとデメリットについてです。

2コ持ちとは、小さめのポシェットやショルダーと、大きめバッグの2コのバッグを持つことです。

それぞれのバッグに入れるモノ

小さい方には必要最低限のモノ

  • お財布
  • スマホ
  • 化粧ポーチなど

大きめバッグにはそれ以外のモノ

  • ペットボトル
  • 上着やストール
  • その時々で必要なモノ

2コ持ちのメリット・デメリット

メリット

  • ちょっとした外出は小さめバッグだけでOK
  • 外出時は大きめバッグの中身だけ変えればよい
  • 貴重品を移し替えないのでモノがなくならない

デメリット

  • 小さいバッグがいつも同じ
  • 2コのバッグを持ち歩くのが手間
  • バッグが2コなので重い

このメリットだけを活かし、デメリットをなくしたものが「バッグinバッグ」なのです。

荷物が増えてしまうバッグinバッグ

バッグinバッグとして売られている商品はたくさんあります。
中でもよく見かけるのが、ポケットや仕切りがたくさんついた、透明タイプやメッシュタイプ。

 

これらは一見便利そうですが、意外な落とし穴が。

まずは「専用ポケット」があることにより、必要最低限ではないアイテム(ペンやモバイルバッテリーなど)を入れてしまいがちということ。

もちろん必要最低限は人によって違いますが、スーパーに買い物に行くときにバッテリーは不要です。

そしてもうひとつは、バッグinバッグ単体で持てないこと。

もちろんバッグの形をしていますし、持ち手もあるので持てますが、これだけを持ってランチに行くのは・・・ちょっとおかしいですね。

上記タイプが便利なシチュエーション

このタイプをディスっているわけではないのです。
実際↑のメッシュタイプは笑っちゃうくらい機能よすぎです。欲しくなりました。

このタイプが生きるのは、マザーズバッグ・旅行の時・仕事道具が多い場合・ジムや温泉などでしょうか。

今回の「バッグの中身を整理して身軽にお出かけ」の趣旨とは違っている、ということです。ご了承ください。

バッグinバッグはクラッチがオススメ

f:id:yukaricca:20180326141714j:plain

わたしがバッグinバッグとしてオススメするのは「クラッチバッグ」です。
バッグinバッグとしてではなく、普通のバッグとして売っているタイプ。
お値段が安いことも魅力です。

これなら単体でもオシャレに持てますし、必要最低限のモノしか入りません。笑

素材は、薄くて軽い布や革・合皮などが、大きめバッグに入れたときかさばらなくていいです。

わたしが使用しているのは、以前は合皮でしたが、現在は布製。
ベーシックカラーの地味服が多いので、可愛い柄モノにしました。
単体で持つときのアクセントになりますね。

クラッチバッグを選ぶポイント

実は現在のわたしのクラッチ、選ぶの失敗しました。笑
反省を込めて、バッグinバッグとしても使えるクラッチ選びのコツです。

中身が無理なく入る

テトリスのようにキッチリ詰めないと入らないとストレスに。
大きさ的にはOKでも、バッグのマチ・角の丸み・素材の柔らかさなどの条件によっては必要なモノが入らない場合もあるので注意が必要です。

わたしが買ったものは、必要なモノは入るけど形が崩れてみっともない状態に。
残念!

中にポケットがある

最低でもひとつはポケットがないと不便です。
カギとスマホは専用の場所がないと、スムーズに出し入れできませんね。

わたしのクラッチにはポケットがないのです。
ホントまじ失敗。

形はシンプルなものを

バッグinバッグとしても使うのであれば、形はシンプルなもの一択です。
長方形で上がファスナー、飾りが何もないものがベスト。

よくある折り返しタイプは、広げないと開けられないのでNG。
上ファスナーであれば、大バッグに入れたままでも出し入れできて◎

今回わたしは柄物を選びましたが、無地タイプがTPO選ばずオールマイティーです。

わたしが今、欲しいのはコレ!笑▼

クラッチバッグで身軽にお出かけ

クラッチバッグに必要最低限のモノを入れたら、あとは大きめバッグにインするだけです。

会社でランチに行くとき、車に荷物をおいてスーパーに行くときなどは、クラッチだけを持って出ます。

バッグの中身もスッキリ片づいて、バッグ2コ持ちのいいとこ取りもできるクラッチのバッグinバッグ、ぜひ試してみてください。