暮らしを整える100のヒント

written by 整理収納アドバイザー*ワタナベユカ

番外編*整理収納のステップで【ブログ】を整える


今回は整理収納から離れて、番外編です。

ブログを読んでくださっている方の中には、ご自身もブログを書いている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

お部屋とブログって、似ていると思いませんか?
ブログも整理整頓するとスッキリ片づいて、とても見やすくなります。

ブログ作りが趣味のわたしが、ブログの片づけ方をまとめました。

整理収納のステップに沿ってブログを作る

f:id:yukaricca:20180220154001j:plain

整理収納アドバイザーは、整理収納上手になるためのステップを学びます。
当ブログは整理収納ブログなので、今回こちらのステップに(半ば無理矢理)当てはめて、ブログの作り方をみていきたいと思います。

Step1・所有の意味を考える

=ブログの意味を考える

なぜブログを書くのか、何のために書くのかを明確にします。
ただ日記を書きたいのか、別に目的があるのか、ブログで何をしたいのか。

わたしのこのブログの場合は、自分の片づけスキルを再確認しながら、お片づけサービスを開始した時の土台にするため+ブログによる収益を得るためです。

Step2・モノの本質を知る

=ブログの本質を知る

ブログを書く目的に沿って、そのブログでできることを考えます。
ブログもただ書けばいいというものではありません(日記ブログは除く)。

読者にとって有益な情報を提供すれば、信頼を得ることができます。
日常を紹介する記事では、人柄を知ってもらうことができます。

ーーー

このStep1・2を考えることにより、不要だと思う部分は捨てましょう。
このブログの場合は片づけに特化しているので、余計な情報(育児やグルメなど)は載せません。

Step3・整理の狙いを明確にする

=ブログの狙いを明確にする

ブログを書く目的が決まったら、それをどう活かしていくかを考えます。
セミナーへの集客が目的であれば、そのセミナーがどういうものであるか、何が得られるのか、どのように申し込むのかが一目瞭然でないと、目的は達成できません。

このブログの場合はそこまでシビアな目的はないので、ゆるゆると更新していく予定です。

Step4・狙いからグループ分けする

=ブログ記事のカテゴリー分けをする

そのブログのメインの目的は何でしょうか。
それが幹となります。
カテゴリーにおいてメインとなりますので、記事数も一番多くなくてはいけません。

そこから派生するカテゴリー=枝葉がつきます。

Step5・使用頻度でさらにグループ化

=使用頻度でサイドバーの並びを決める

自分の目的と読者の利便性を考えて、サイドバーに設置するパーツの並び順を決めます。

最近は1カラムが流行りですが、パソコンユーザーからみると2カラムが見やすいです。

Step6・収納を分析する

=ブログ内のスペースを有効活用する

ブログは文章が一番大切ですが、それだけではありません。
見た目が心地よくないと、そもそもユーザーは離脱してしまい、せっかくの文章も読んでもらえません。

ブログのヴィジュアル的テーマを決めて、それに沿って整えると、ブログのイメージが安定します。

このブログはテーマカラーをピンクと決め、アイキャッチ等の画像はポップで明るい色で統一しています。

4〜500文字に1枚程度、内容に沿った画像を挿入することによって、ブログ記事が読みやすくなります。

Step7・グループと収納を重ねる

=ブログの外見を整える

トップページ記事一覧の記事数とサイドバーの長さを揃える、文字の大きさを調整する、広告の位置を調整するなど、全体のバランスを見ながら整えていきます。

Step8・指定席の完成

=ブログを運営して確認する

実際に記事を書いて、これまでのStepが上手く機能しているか確認しましょう。

Google AnalyticsやSearch Consoleをチェックして、ブログにフィードバックしていけるとベストです。

ブログは外見で惹きつけ、中身で勝負

f:id:yukaricca:20180220154330j:plain

ときどき、中身はいいのに外見で損しているなぁと思うブログがあります。
テーマ(ブログのテンプレート)が古臭かったりするのです。

いくら中身がよくても、読んでもらえなければ意味がありません。

また、不要品を処分すればスッキリするのは、部屋もブログも同じです。
ブログサービスを利用している場合は、有料版にして広告を消すのがオススメです。

それ以外でも不要なサイドバーのパーツを消せば、かなりスッキリします。

ブログはあなたの第2のお家です。
お客さんをたくさんお招きできるよう、キレイに整えましょう。