暮らしを整える100のヒント

written by 整理収納アドバイザー*ワタナベユカ

32*「高かったから捨てられない」の対処法「今いくら?」


こんにちは、山形の整理収納アドバイザー・ワタナベ*ユカです。

モノが捨てられない理由のひとつに「買ったとき高かったから」というものがあると思います。
実際わたしにもあります。

今回はこの「高かったから捨てられない」の対処法をお伝えします。
全てはムリでも、8割くらいは処分できると思います。

「高かったから捨てられない」は意外と少ない

f:id:yukaricca:20180528105133j:plain

これは純粋に「高かったから捨てられない」場合です。

  • 亡くなった祖母に買ってもらった「高かったモノ」
  • 「高かったモノ」でもう着られないけれど、お気に入りの服

このように「思い出品」になっているものではなく、高かったという理由だけで捨てられず、特に思い出もなく、使用しないモノ。

そう考えると、そういうモノはそれほど多くはないと思います。

「高かったから捨てられない」対処法

損をするのは、いくら?

f:id:yukaricca:20180528110204j:plain

例えば20年前に清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った、36,000円のエルメスのスカーフ。
雑誌の表紙も飾ったもので、当時争奪戦でした。

今の自分のテイストとは違うため使うことはないけれど、高かったので捨てられない。

この「高かったから捨てられない」は、購入時の「36,000円」を損することでしょうか。
違いますよね。

購入当時は、とっておきのデートの時におそるおそる。
少し時間が経ったら、通勤のときにも使ってちょっとリッチな気分に。
使わないときも、ときどき眺めてはうっとりしたかもしれません。

このように使うごとに、少しずつ減価償却していったのです。
これはただ「所持している」だけであっても「所持している満足感」コストを払っていたというべきでしょう。

モノそのものが劣化していないと実感しにくいですが、実はもうそのモノを「使い切った」ということです。

あとは1回ごとの使用コストが、納得いく価格だったかそうでなかいか。
36,000円のスカーフを10回しか使わなかったら、1回3,600円で納得いかない。
しかし100回使っていたら360円。

ただしこの「1回あたりの価格」は安ければ満足というわけではありません。
30万円のウエディングドレスは1回30万円の計算ですが、あと〇回着て元を取ろうなんて思いませんよね。

現在の価値を知る

f:id:yukaricca:20180528110209j:plain

使い切った満足感がないのなら、そのモノにまだいくらの価値が残っていると思いますか。
その値段をつけて、オークションサイトやフリマアプリに出品してみましょう。

その値段で売れれば嬉しいです。
その商品を完全に「使い切った」ことになるでしょう。

しかし売れなかったら、そのモノにはもう、その金額分の価値はないということです。

もっと値段を下げて出品するのも◎
自分で思ったほどの価値はないと知れば、意外とすんなり手放せます。
それどころか、少しでもお金になればラッキー!となります。

ただし売れるかどうかは、運やタイミングも関わってきます。
自分で出品期間を決めておき「いつか売れるかも」と期待してずっと持ち続ける負のスパイラルを回避しましょう。

もう一度、恋に落ちる

売れないけれど諦めたくない。
そもそも売りたくない。

そんなときは買ったときのときめきを思い出して、もう一度恋に落ちてみませんか。

雑誌の表紙で初めてスカーフを見て、どこがどうステキだと感じたのか。
初めて手にとって、首に巻いて、どんな気持ちだったのか。
同じ気持ちでもう一度、使うことはできるのか。

もし現在色あせて見えるのであれば、お手入れが悪いのかもしれません。
スカーフであればクリーニングに出して染み抜きを頼んでみる。
ジュエリーであればキレイに磨いてみる。

もう一度、あの頃の輝きを取り戻せるかもしれません。

とことん使い尽くしてみる

f:id:yukaricca:20180528105127j:plain

実用品として、とことん使い尽くすのもオススメです。

エルメスのスカーフであれば、散歩やパートに行くときに、単純に防寒のために使う。
寒いときや風邪をひいたとき、寝るときに首に巻くと暖かくてよく眠れますよ。
旅行のときに着替えを包むのにも便利です。

「高かったから」の意識を捨て、単純にモノとしての機能を使用してみましょう。

「時間」のコストも意識しよう

納得して処分するために、わたしは上記のような方法をとっています。
しかしフリマアプリに出品するだけでもかなりの時間がかかります。
出品しても売れなかったり、極端に安くなってしまったり。

そうすると今度は、それにかける時間がもったいないと思いませんか。

これを実感すると「時間がもったいないから、このまま処分しよう」と思えるようになります。

一度「残りの価値」を回収する悪あがきをすることは、その点からもお勧めできます。