暮らしを整える100のヒント

written by 整理収納アドバイザー*渡辺 有香

17*床置き禁止!平面にモノがないと部屋がスッキリ


「平面の広い部分」にモノがないと、部屋は片づいて見えます。
具体的には、床の上・テーブルの上・ソファの上など。

モノを置きっぱなしにしないためには、全てのモノに「帰る場所」=定位置を決めることが大切です。

床置きあるある・3パターン

f:id:yukaricca:20180313160707j:plain

わが家もなんだか散らかっています。
そう感じるときは、たいてい床の上にモノが置かれています。

1.買ってきたモノ

f:id:yukaricca:20180313160530j:plain

買い物カゴや買い物袋、ついつい床に放置してしまいませんか。
特に洗剤などスグ冷蔵庫に入れなくてもいいものは、置いてしまいがちです。

じゃがいもとニンジン、わたしはいつもは冷蔵庫に入れてしまうのですが、昨日は途中で力尽きたようです。笑

2.宅配便

f:id:yukaricca:20180313160543j:plain

届いた荷物は定位置が決まっていることが少なく、放置されがちです。
届いたらスグ、中身を確認→納品書を確認、これだけは最低限行いましょう。

この荷物、来週車で運ぶのですが、それまでどうしましょう。。。

3.バッグ

f:id:yukaricca:20180313160608j:plain

帰宅後のバッグも放置されやすいモノ代表ですね。
長男のソロバン用リュックはたいてい放置されています(定位置決まっているんですけどね)。

帰宅後はすみやかに定位置へ。
これを徹底するしかありません。

番外編.これは許して

f:id:yukaricca:20180313160555j:plain

収納する場所がありません!

テーブルの上は何も置かないのが理想

テーブルは食事をとる場所です。
モノが何もないとサッと拭けて、食事の準備もスムーズです。

とはいえわが家には2つ、モノがあります。
BOXティッシュと食卓用ゴミ箱です。

撤去したこともあるのですが、やはり不便だと家族からクレームがきたので戻しました。

置くと決めたモノは堂々と置く。
不要なモノは撤去する。

わが家では筆記用具・新聞・子供のプリントなどが置かれがちです。
これらも定位置を決めて、すみやかに移動させましょう。

ソファは座るものです

f:id:yukaricca:20180313161926j:plain

わが家は朝、子供たちがソファ前で着替えます。
そして脱いだパジャマをそのままソファに放置することが多いです。

冬はパジャマの洗濯は2日に1回なので、脱衣所に定位置があるのですが、なかなか畳んで置きません。

ソファは「衣類・布類」をなんとなくでおいてしまいがちです。
帰宅後脱いだ上着、取り込んだ洗濯物など。

ソファは座る場所!そう肝に命じましょう。
置いていいのはクッションとお尻だけです。

平面が広々すると部屋がスッキリ

床の上・テーブルの上・ソファの上にモノがないと、部屋はスッキリ。

座卓の生活だと、さらに難易度が上がりますね。
手元に置きたいモノ(新聞・メガネ・筆記用具・スマホなど)はカゴにまとめ、片づけるときはそのカゴごとしまえるよう、カゴの定位置を決めるのも手です。

平面をスッキリさせて、気持ちもスッキリ。
心穏やかにすごしましょう。