暮らしを整える100のヒント

written by 整理収納アドバイザー*渡辺 有香

3*収納用品は買わない・捨てない


使いやすく美しい収納に、収納用品は必須です。
ダイソーやセリアに行けば、壁一面をおおい尽くすほどの収納用品が売られています。

お片づけというと、まず収納用品を買って〜となるかもしれませんが、ちょっと待って。いきなりの購入は、逆にモノを増やしかねません。

その場所にベストな収納を探る

f:id:yukaricca:20180127212626j:plain
作業動線や使用頻度、誰が使うかなどによって、収納するモノと場所を決めます。
(それについては後日、書きますね)
しかし今回は、しまうモノはすでに決まっているとします。

例えば引き出し。

引き出しの中に仕切りを用いず、そのままモノを入れるとどうなるでしょう。
引き出しを開けるたびに中のモノが動いて、ゴチャゴチャになってしまいますね。

そこで登場するのが、収納用品です。

小さなBOXで細かく分けていくのが、引き出し収納には向いています。

まずは手持ちのモノを当てはめてみる

引き出しの内部寸法をメジャーで計って、メモを片手に100均へGO!
これも間違いではありません。

しかし数値だけでは分からない「使い勝手」があります。

手前から順に立てて収納したけれど、奥に手が届かず、結局手前しか使わなかった。
収納が大きすぎて、結局中身がゴチャゴチャになってしまった。などなど。

まずは手元にある収納用品や箱で、代用してみませんか。
使っていない食品保存容器、お菓子の空箱などが便利です。

ただし便利そうであっても、食器などの丸いものは、空間に無駄が出てしまうのでNGです。

子供の引き出しを片づけてみた

子供2人のハンカチ&ティッシュ、常備薬の引き出しです。

ビフォー 

f:id:yukaricca:20180127190148j:plain

右側の箱は、引き出しを区切るための空箱。
この高さと大きさが理想でしたが、探しても似たものが見つからなかったので、継続使用していました。

ハンカチを入れている赤いケースは、他からの転用です。

アフター

f:id:yukaricca:20180127190202j:plain

ハンカチのサイズがアップ(キャラクターの綿ハンカチから、ガーゼのハンカチへ)したため、赤いケースが使いにくくなりました。

位置は使いやすかったので、ハンカチが余裕で入る収納用品を買い足しました。

赤いケースは名札入れに変更。

使いやすくなりました。

「不用品は即捨て」これってどう?

断捨離がブームになり、ミニマリストという言葉が流行しました。
不用品は即捨てが潔いとされ、もてはやされました。

しかし収納用品に関しては、スグに処分するのは待って。
家の中の片づけが全部終わるまでとっておきましょう。

引き出しで不要になった収納用品がキッチンで、キッチンで不要になったものが洗面所でピッタリだった!なんてことは多いです。

空箱処分もちょっと待って

f:id:yukaricca:20180127213020j:plain

上でも述べたように、空箱は収納のお試しとして使えるかもしれません。
空箱を全て保管する必要はありませんが、捨てる前に周りを見回してみましょう。

あそこの収納がちょっと小さすぎるから、この箱と取り替えてみる?
この箱でさらに区切ったら、もっと便利になるかも?

もちろんその後、そのサイズがベストと分かれば、収納用品を購入しましょう。

油などの調味料のトレイとして使用し、定期的に交換すれば、掃除をしなくていいので便利ですね。

理想の収納・運命の収納

一度でスパッと、完璧な収納を完成させる必要はありません。
試行錯誤しているうちに、昨日より今日、今日より明日と、使い勝手はよくなります。

また生活スタイルの変化や子供の年齢によって、収納も変化していきます。

柔軟に対応できるよう、収納用品はスグに買わない・スグに捨てない。
臨機応変な収納で、使い勝手は格段によくなります。