暮らしを整える100のヒント

山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香のお片づけコラム

58*高い位置の収納、何入れる?


こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

高い位置にある収納、皆さんは何を入れていますか。

キッチンの吊り戸棚、和室の天袋などは、モノの出し入れに踏み台や脚立が必要な場合が多く、扱いに苦労します。

高い位置の収納には、何を入れるのが正解なのでしょう?

基本編:高い位置に収納すべきモノ

f:id:yukaricca:20190115122111j:plain
高い位置に収納すべきモノは、基本的に「軽いもの」です。
その上で、

  • めったに使わないけれど必要なもの
  • 壊れにくいもの

ときどきしか使わない製菓用のツールは、通常の調理器具とは分けて高い位置に収納するといいですね。

重箱なども軽くてめったに使わないので高い位置へ。

高い位置はオフシーズンの季節ものの収納に適していますが、例えば扇風機は「重い」「落としたら壊れる・ケガをする」のでNG。

羽毛布団は、大きくても軽いのでOK。

わが家では、子供のアルバムを高い位置に収納しています。
無印良品の軽いポケットタイプなのでOKですが、大判のものだとちょっと危険かもしれません。

応用編:あえて毎日使うモノを入れる

f:id:yukaricca:20190115123133j:plain

わが家では、踏み台を使うほどではないけれど、頭より高い位置にコーヒー豆やティーバッグを収納しています。

高い位置は他に収納したいものがないため、「飲み物コーナー」としてゆったり使用することができます。

手を伸ばすので、軽いストレッチになるのもいいですね。

他にも、あえて踏み台がないと届かない場所にお菓子を置いて、物理的ハードルを上げるのもダイエットには◎!?
子供にも見つかりません。笑

ラクに出し入れする工夫

高い位置に収納するには、安全に、取り出しやすくする工夫が必要です。

取っ手をつける

細かいものはカゴや箱に入れてから収納するとよいですが、それだけだと両手を伸ばす必要があります。

取っ手つきのケースに入れれば片手でラクラク♪

ただし、大きかったり重かったりすると危険ですので、小さめのケースがよいでしょう。

手前にだけ並べる

天袋などは奥行きがありますが、奥までしっかり使う必要はありません。
取り出しやすいよう、手前のスペースを有効活用しましょう。
奥まで押し込んでしまうと、かなり高い脚立がないと取り出せなくなってしまいます。

理想の収納!?「何も入れない」

わたしが理想とする「高い位置の収納」は「何も入れない」ことです。

目線より下に全て収納できるのであれば、あえて手の届きにくい高い位置に収納する必要はありません。

「収納があるから、モノを入れなくてはいけない。」
そんなことは決してないのです。

不要なモノを処分することにより、全てのモノをゴールデンゾーンに収納することも可能になります。