暮らしを整える100のヒント

written by 整理収納アドバイザー*渡辺 有香

21*【無印良品】収納用品の取り入れ方


みんな大好き!無印良品。
収納用品を全て無印で揃えると、見た目も整って美しいですよね。
わたしも無印大好きです。

しかし全てを無印にすると、とんでもない金額がかかります。
ポイントを押さえて取り入れ、お財布の負担と見た目のバランスを取りましょう。

無印の利点1・シンプルなデザイン

f:id:yukaricca:20180329160057j:plain

無印良品のどこが好きかと聞かれたら、そのシンプルなデザインです。
余計な飾りやデザインがなく、見ためがスッキリしています。

例えばタイマー。
わが家で使用しているのがこちら↓

f:id:yukaricca:20180329152342j:plain

楽天で「タイマー シンプル」で探すとこんなカンジ↓

たぶんTANITAの方が使いやすいのでしょう。
「はかる」を極めたメーカーですから。

それでも無印のものをデザインのシンプルさで選んでしまいます。

それは収納用品も同じです。
例えばこちらの収納用品。

一見シンプルですが、ナチュラルで優しい「デザイン」が施されています。
このデザインに「飽き」を感じたり、用途が限定されてしまったりするのです。

それに比べて無印良品。
そっけないほど四角です。笑

このデザインのニュートラルさが応用範囲を広くし、決して飽きさせないポイントです。

無印の利点2・モジュール化

f:id:yukaricca:20180329152736j:plain画像出典:無印良品ネットストア

無印の収納用品は全て、基本寸法が決まっています。

例えば画像のスタッキングシェルフ。
ひとマスの大きさとパーツの大きさが決まっているので、中に入れるパーツは好きなものを選べます。

引き出しでもOK、ラタンのカゴでもOK、布製のボックスでもOK。

使用する場所や用途が変わっても、いつでもアレンジを施して使い続けることができるのです。

部屋に置いて◎・収納に置いて◎

無印の収納用品はデザインに無駄がないゆえ、部屋の中にあってもインテリアを損ねません。
どのようなテイストにも合わせられるところが便利ですね。

そしてウォークインクローゼットや押入れなどの、収納として使うのももちろんあり。
普段は見えない部分も整っていると、たとえ見えなくても気持ちがいいものです。

しかしそこが落とし穴。

ついこの「見えないスッキリ感」が病みつきになり、家中全ての収納を無印で揃えたくなってしまうのです。

以前のわたしがそうでした。
無印良品週間になると、毎回万単位の買い物をしていたのです。

最近の百均は無印に寄せてきた

以前の百均の収納用品はというと、カラフルなメッシュカゴに英文字のシールが貼られているようなものがメインでした。

しかし最近どんどん、無印のようにそっけないほどシンプルなものも増えてきています。

有名なのがダイソーのこちら↓

f:id:yukaricca:20180329155856j:plain

無印のそっくりさんですが、実はこの中に本家無印商品も混ざっています。
今となっては、どれが本家は分からないほど。

これ以外にもわたしが愛用しているこちら↓

f:id:yukaricca:20180329155841j:plain

無印のそっくりさんではありませんが、シンプルで美しいです。
わたしは使っていませんが、別売りでフタもあります。

ただし素材は100円なりのペラペラでスグ割れます。注意。

百均で試して無印で買う

収納方法を変えてみたいとき、百均の収納で試したあと、OKならじょじょに無印で揃えるという手もあります。

スグにスッキリしないのでもやもやはしますが、買いすぎたり買い替えたりの出費抑制にはなります。

無印で買い換えると高いので、中身を減らそうかなという気にもなります。

見えない部分は百均に頼るなどして、お金をかけず、納得のいく収納が完成するといいですね。