暮らしを整える100のヒント

written by 整理収納アドバイザー*渡辺 有香

54*必要なモノ以外を「どかして」みる


こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

モノの少ないスッキリ生活、憧れます。
しかし現実は不要なモノに囲まれて、生活は圧迫されがちです。

滅多に使わないけど、捨てるのはもったいないし、収納場所もないからとりあえずここに置いておくか。そんな「とりあえず」でモノはたまっていきます。

まずは一度、不要なモノを「どかして」みませんか。
捨てなくてもいいのです。
その場所に「不要」と感じたモノを別な場所に移動してみましょう。

「スッキリ感」を実感してみる

f:id:yukaricca:20181214130440j:plain

リビングやデスクまわりは不要なモノが多すぎて、どこから手をつけていいか迷うでしょう(わたしは迷います)。

そのような場合はまず、狭いスペースで試してみましょう。

玄関

下駄箱の上に「ちょい置き」したモノが乗っていませんか。

  • 先日買って、あとで下駄箱に収納しようと思った靴クリーム
  • もらい先を探している可愛い貯金箱
  • 雪かきで使った軍手

わが家の下駄箱にはこんなものが乗っていました。

浴室

意外と使っていないモノが多い場所です。

買った当時はよく使ったけれど、最近は全く触っていないヘアケア・ボディケア用品や掃除道具が放置されていませんか。

週1回程度の使用頻度であれば、使うときに持ち込んだ方が、商品の劣化が防げます。

  • 取り外すことにした排水口のフタ
  • 掃除用手袋
  • たまに使う掃除道具

わが家の場合はこれらを「とりあえず」どかしてみました。

ーーー

収納先が決まっているモノは片づけ、行き先が決まっていないモノはとりあえずどかしてみる。すると思った以上にスッキリして、気分までさわやかに。

一度そのスッキリ!を味わうと、もう元に戻すことはできません。

片づけで難しいのは「片づけ方法」ではなく「いかに片づけたいという気持ちになるか」です。

片づいた後の「スッキリ感」を先取りすることにより、やる気がわいてきます。

どかしたモノをどうするか

さて問題は「とりあえず」でどかしたモノをどうするかです。

  1. いらないモノは捨てる
  2. 収納場所が決まっているモノは、そこに戻す
  3. 収納場所が決まっていない場合は、新たに作る

やることは、このどれかです。

問題は3番。
収納場所を決めてそこに片づけるのは面倒です。
しかしこれを行わない限り、モノは「その辺に放置」されたままです。

逆に一度収納場所を決めてしまえば、あとは何も考えずそこに片づけるだけです。

  • 最初に考えるか
  • 何も考えず、毎日それを見てイライラするか

もちろん前者ですよね。

片づけのポイントはふたつ。

  • 減らす
  • 定位置管理

このふたつを押さえれば、散らかった部屋とはさよならできます。
まずは「どかす」→「定位置を決めて収納」を実践してみましょう。