暮らしを整える100のヒント

山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香のお片づけコラム

61*お片づけサービスは「他人」に頼みたい


こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺有香です。

実はわが家は、けっこう散らかっています。。。整理収納アドバイザーなのに、ダメですね。

自分のやり方には限界もあるし、他のアドバイザーさんにアドバイスしてもらいたいなぁと思うこともあります。

アドバイザーの知り合いはたくさんいるのですが、しかし実際に誰にきて欲しいかな〜と考えると、やっぱり「他人」がいいような気がします。

知り合いアドバイザーに頼むデメリット

f:id:yukaricca:20190305143302j:plain
まずはお客さんの立場です。

わたし自身が「知り合い整理収納アドバイザーに片づけを頼む」というシチュエーションで考えてみました。

知り合いにアドバイザーがいると気軽に頼めていいね!と思われるかもしれません。しかし実際は「知り合い」だからこそ躊躇する理由があります。

散らかっているところを見られたくない

アドバイザーはプロなので、どんなに散らかっていようと気にしません。しかし見られる側としては、恥ずかしい気持ちが強いです。

例えばエステのVライン脱毛。

エステティシャンはプロで見慣れていますし、こちらも気になりません。でもそのエステティシャンが知り合いだったら?・・・・・悶絶級の恥ずかしさです。

何を持っているか知られたくない

持ち物からは、性格や趣味・センスから経済状況まで、さまざまなことが分かってしまいます。

知り合いにそれを見られるということは、秘密を握られるようなもの・・・?

知り合いには「見られたくないモノ」は、確かに存在します。

見下されそうな気がする

ダメな自分をさらけ出すと、立場が低くなるように感じてしまいます。これまで対等だった関係に、上下関係ができてしまう気がして、卑屈になってしまう気がするのです。

あくまでわたしの場合、しかもイメージですが。

知り合いのサポートをするデメリット

f:id:yukaricca:20190305143303j:plain

次に整理収納アドバイザーが、知り合いのお片づけサポートに入る場合です。

わたしが知り合いのお片づけに行くとしたら・・・で考えました。

知り合いにはズバッと言いにくい

一番は、これでしょうね。

はっきりビジネスとして接している場合は、その人のベストと思われる方法を提案しますが、知り合いだとつい妥協点を提案してしまいそうです。

つい世間話をしてしまう

依頼された片づけに集中すべきところ、子供同士が友達だったりすると、ついつい他の話をしてしまいますよね。それが楽しかったらなおさらです。

最初はお片づけサポートのつもりが、だんだんと「一緒に片づけしてるだけ」になりがち。依頼主側としては、これが一番のデメリットではないでしょうか。

値下げ(もしくは無料)の可能性

わたしは現在、完全無料でモニターさまを募集しているのでこれはありませんが、往々にして「お友達価格」でお願いされる(もしくは無料でやって!と頼まれる)ことがあります。最初から無料だと思い込んでいることもありますね。

知り合いとのお金のやり取りは、やっぱり難しいです。

もちろんメリットもあるよ

もちろん知り合いならではのメリットもあります。

融通がきく

仕事帰りにちょこっと寄るね!〇〇で会うときに渡すねなど「片づけサービス」の時間以外でもサポートが可能。お互いに負担になりにくいです。

性格が分かっているので時短になる

ビジネスであればヒアリングから始まり、片づけ中の会話などからその人の性格やクセなど把握していきますが、知り合いであればある程度分かっています。

もちろん普通に付き合うのとお片づけでは違った面もありますが、言葉のやり取りによる手間は、やはり幾分かは省けます。

お互いに楽しい

お友達同士であれば、やっぱり楽しいですね♪

お昼ご飯や休憩なども、お互い気を使わないのでスムーズです。

自分で頑張るか、他人に頼む

そんなわけで、わたしは自分でお片づけ頑張ります!
もしプロに頼むとしたら、ネットなどで探した、全く面識のない人がいいです。

ただし誰に頼むかはともかく、整理収納アドバイザーを頼む一番の理由は、テクニックの伝授などではなく「片づけの機会を作ること」なのかもしれません。

例えば筋トレも自宅だとできませんが、ジムなら多少ツラくても頑張れますよね。

「片づけを始める」その背中を押してくれるお片づけサービス、ぜひ上手に利用してください。