暮らしを整える100のヒント

written by 整理収納アドバイザー*渡辺 有香

29*あなたの「片づけトリガー」は何ですか


こんにちは、山形の整理収納アドバイザー*渡辺 有香です。

これをすると・これを見ると、片づけたくなる。
皆さんにはそんな「片づけトリガー」ありませんか。

わたしの場合はベタですが、片づけ本を読むと片付けがしたくてウズウズします。

トリガーをひとつふたつ持っておくと、自分で片づけ欲をコントロールできて便利ですよ。

▼ときどき読み返す、お気に入りの片づけ本

▼「捨てる」を加速させる言葉

「片づけトリガー」いろいろ

f:id:yukaricca:20180521120638j:plain

書籍・雑誌・写真集

片づけや収納本以外でも、キレイなインテリア雑誌や写真集など「これを見ればやる気が起きる」があるといいですね。

わたしの場合はビジュアルに訴えるものより、活字の方がモチベーション上がります。
その辺りは人それぞれなので、ご自分にあったものを選びましょう。

ただし毎日見ていると慣れてしまって効果が薄れるので、部屋が散らかっているなぁ〜という「ここぞの時」に見るのが吉。

もちろんブログもOK

このブログを読むと片づけたくなる!
そんなブログをわたしも目指しています。

しかし実際わたしはどうかというと、毎日読んでいるブログはどちらかというと、片づけよりもインテリア系が多いです。

怒りの感情→捨ててスッキリしたい

f:id:yukaricca:20180521121514j:plain

何かに対して怒りの感情がわいたとき、モノを捨ててスッキリしたいと思ったことはありませんか。

モノへの八つ当たりでしょうか。笑
怒りの対象をストレートに攻撃できない場合の代替行為です。

ただしこれは自分でコントロールして行うことはできないのがネック。
イラッとしたらモノを捨ててスッキリするよいチャンスととらえ、前向きに行きましょう。

将来について考える

子供の成長・これからのお金のこと、老後のことなど、将来について考えるとき「まずは身の回りや生活をスッキリさせて、生きるための必要経費を考え直そう」と思います。

  • モノがゴチャゴチャしていると、子供の成長段階に合わせた家づくりが具体的に見えてきません
  • これから生活していく上で「必要なモノ・コト」も見えません
  • 老後の生活や貯蓄についても同じです

不要なモノを取り除くと思考もシンプルになって、見通しがききやすくなります。

不要品の処分←→将来について考える

このふたつをいったりきたりしていると、自然とシンプルライフを実践できるように。

掃除をする

f:id:yukaricca:20180521121947j:plain

わたしは掃除が苦手なので、掃除をすると早く終わらせるためにモノを減らしたくなります。

そもそも片づいていないと掃除はやりにくいです。

通常は片づけてから掃除をしますが、ときにはおもむろに(笑)掃除をしてみましょう。
そのとき「邪魔だな」と思ったモノが、片づける(処分する・定位置を決めてそこに必ず戻す)対象です。

最強トリガー「人を呼ぶ」

もっとも効果のあるトリガーは「人を呼ぶ」ことでしょう。
ただしあまりにも散らかりすぎている場合は、このトリガーを発動することすらできません。
ある程度片づいてきたら発動させましょう。

最強(最凶)トリガーが引かれた

実は明後日、長男(小4)の家庭訪問です。
そのために片づけなくちゃ!→片づけってやる気でないとムリ→やる気ってどうやったらでるっけ?→ブログに書くか(現実逃避)←今ここ。

最強トリガーが強制的に引かれてしまったので、わたしもこれから玄関とリビングを片づけます。

片づけた後は2日間、子供たちが散らかさないように管理せねば…!